ポケモンGO攻略まとめ道

*

Sorry. No data so far.

【ポケモンGO】陰謀論は災害時の訓練だった!米国は攻撃地の調査が目的か!?

   

url

ナイアンティック開発のポケモンGOが世界中で社会現象になっている。

このスマホアプリはGPSという位置情報サービスを利用して、現実世界でポケモンを捕まえることができるゲームだ。

日本やアメリカなど世界中がポケモンGOに熱狂する中、ロシアや中国ではアメリアCIAがスパイ活動のために開発したアプリだと陰謀論が出てきている。

 

ナイアンティックや任天堂は、健康的になるゲームを作りたいという思いでこのポケモンGOを開発したというが本当にそうなのだろうか!?

ポケモンGOにはポケモンの巣といわれる特定のポケモンが多く出現する場所がある。

そこのほとんどが公園となっている。

公園は、防災時の避難場所としての役割も持っている。東京都では、都立公園58ヶ所が「避難場所」とされているほか、35ヶ所が「大規模救出・救助活動拠点」や 「ヘリコプター活動拠点」などに指定されている。

任天堂やナイアンティックはポケモンGOを通して、今後起こりうる大規模災害に向けた公園への避難をスムーズにするため訓練を行っている可能性がある。

このGPSを使った情報は国のデータとしてもとても価値の高いデータになる。配信国の各国政府と連携して国民の行動データを取得しようとしているに違いない!

2020年には日本でオリンピックが開催される。政府統計の人気キーワードには外国人のキーワードがランクインしていることからオリンピックに向けて外国人が訪れる場所のデータも取得しようとしている。

日本での目的は、大規模災害への対策のためだがアメリカは違うようだ。

米国の目的は戦争で勝つため!

01

ポケモンGOの開発元ナイアンティックのジョンハンケは、Google Maps&Earthを作った会社の創業メンバーでもある。

この会社は、アメリカのNGA(アメリカ国家地球空間情報局)の出資の元立ち上げられており、CIAとも深い関係がある。

ポケモンGOのデータがCIAへと流れているといわれているのはこれが理由だ。

ポケモンGOでポケモンが出現する場所は公園だけではない。

各国の主要都市やその駅周辺にも多く出現する。

新幹線やバスが行き交う交通機関の中心に現れるのはなぜなのだろうか?

  1. 人の密集する地域を知ろうとしてる。
  2. 多くの人が集まる場所にさらに人を集めて、どのくらいでその場所の機関が麻痺し始めるのかを知ろうとしている。

この2点を知ることができたら、戦争を有利に進めることが可能となる!

どこに攻撃を仕掛ければ効率よく戦えるかのデータをとっているに違いない!

ポケモンの巣が主要都市の駅近くにあるのは攻撃目標地の調査が目的の可能性がある。

米はポケモンGOを世界中に配信して全人類征服を計画しているのかもしれない。

今後はイベントで位置誘導

zFcCa

ポケモンGOにはまだ登場していないポケモンがいる。

おそらくイベント限定で手に入れられるようにするのではないかと予想されている。

ある場所をイベントの地にすることで人がどのくらいの距離からどのくらい集まってくるかを知ろうとしている。

詳細な情報が欲しいところにレアポケモン

諜報部員が実際に調査へいけない場所へはレアポケモンを配置して現地民を誘導することで情報を得ようと考えているようだ。

ARにより現地の画像を撮らせることで、詳細な画像を入手することができる。

突然AR機能がオンになったら注意だ!

 

っていう陰謀論があるようです。今後も色々と出てくると思いますので、まとめていきます♪

 

ツイートツイート

  関連記事

 - 情報 , ,

Sorry. No data so far.